香典返しギフトオンライン「仏の花道」

喪主は大忙し!香典返しはお済みですか?

香典返し

大切な身内が他界し、今あなたはどのような状況にいますか?お通夜の前の目まぐるしい時間の中ですか?無事、葬儀が終わって少しホッとしている時間でしょうか?忌明け法要が終わり、ひと段落しているところでしょうか?

当サイトは香典返しのサイトです。大変お世話になった方々への「香典返し」について、その「時期」・「相場」・「最良のお品」について順を追ってご覧いただけるようにしております。香典返しがまだ済んでいない方は、是非当サイトをご利用くださいませ。お役に立てれば幸いです。

香典返しの時期を知りましょう!

お通夜と葬儀・告別式の会葬御礼と即日返し

会葬御礼イメージ

まず、初めに用意しなければならないのは、お通夜と葬儀で弔問客にお渡しするお品です。「会葬御礼」と「即日返し」があります。
「会葬御礼」は、通夜や葬儀にわざわざ足を運んでくれた事へのお礼として差し上げる品のことです。香典の有無に関わらず、皆様へ同じものを用意します。一般的には、ハンカチやお茶など500~1,000円程度の品物に挨拶状を添えてお渡しします。
一方、「即日返し」は香典返しのひとつで、香典を頂いた弔問客だけに香典の額にかかわらず一律に品物をお返しする事です。弔問客が香典に包む金額は5,000~10,000円の間に収まることが多いので、その半額もしくは3分の1に相当する2,500円程度の品物を用意します。
通夜・葬儀までの短い間に用意しなければならないので、葬祭業者などに頼んで直ぐに準備するのが一般的です。

忌明け法要の引き出物

引き出物イメージ

故人が亡くなってから49日目に行われる法要が忌明け法要です。四十九日法要や満中陰法要とも言われます。忌明けとは、故人の霊が天国に召され成仏することです。そのため、忌明け法要は親戚縁者を招いて盛大に行います。お寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りした後に会食します。帰りにお礼として引き出物をお渡しします。引き出物と香典返しは別物ですし、引き出物と一緒に香典返しをお渡しすることはタブーです。

香典返し

香典返しイメージ

最後に、忌明け法要が終わった翌日から、いよいよ一般的に言われる香典返し(忌明け返し)を行います(準備はもっと早い時期に済ませましょう)。 通夜・葬儀で頂いた香典の額の半分または三分の一に相当するお品をお返しします。香典返しの品は直接持参するか郵送・宅配便などでお届けします。基本は半返しまたは三分の一返しですが、会葬御礼や即日返しを既に終えている場合は、その額を香典返しの額から差し引いて、残った額に相当する品を贈ります。

香典返しの相場(香典返し早見表)

香典返しは「半返し」とも呼ばれ、頂いた香典の半額程度の品を返すのが一般的です。5,000円の香典を頂いた方には2,500円程度、10,000円の香典を頂いた方には5,000円程度のお品をお返しします。関西では3分の1返しと地域によって異なりますし、家庭の経済状況によって3分の1返しでも構いません。

1.会葬御礼に500円相当の品物を渡した場合の香典返し(忌明け返し)の例

(※香典の額÷2=半返しの額-会葬御礼=香典返し)

香典の額 基本半返し 会葬御礼 香典返し カタログギフトの場合
5,000円 2,500円 500円 2,000円 2,000円コース
10,000円 5,000円 500円 4,500円 4,500円コース
30,000円 15,000円 500円 14,500円 15,500円コース
50,000円 25,000円 500円 24,500円 25,500円コース
100,000円 50,000円 500円 49,500円 50,500円コース

2.即日返しに2,500円相当の品物を渡した場合の香典返し(忌明け返し)の例

(※香典の額÷2=半返しの額-即日返し=香典返し)

香典の額 基本半返し 即日返し 香典返し カタログギフトの場合
5,000円 2,500円 2,500円 不要
10,000円 5,000円 2,500円 2,500円 2,500円コース
30,000円 15,000円 2,500円 12,500円 10,500円コース
50,000円 25,000円 2,500円 22,500円 20,500円コース
100,000円 50,000円 2,500円 47,500円 50,500円コース

香典返しを簡単に手早く済ませる方法

香典返し持参の女性

香典返しはご挨拶を兼ねてご自宅に持参するものでしたが、今では挨拶状を添えて宅配便などでお送りすることが一般的になってきています。

お渡しする品物は何がいいのか、誰もが頭を悩ますところです。本当に喜んでいただけるものをお贈りしたい。しかし、実際はよほど親しくお付き合いしている方を除けばお相手が何が欲しいかを知ることは不可能に近いと言えます。一昔前は、香典返しの定番といわれた「タオル」「海苔」「石鹸」「お茶」などですが、定番=お相手が喜ぶとは限りません。

カタログギフトイメージ

昨今では、香典返しのこのような悩みを解決する方法として多くの方に支持されているのが「カタログギフト」です。カタログギフトなら、「うちはお茶飲まないんだよな~」「うちは石鹸使わないよ。ボディソープなんだよな~」なんて事がおきません。お相手がカタログから欲しいものを選んで頂けるからです。商品掲載数も豊富な良質なカタログギフトであれば、少なくとも欲しいモノが全くないということはないでしょう。また、カタログギフトは3,000円未満のものから50,000円前後のものまでと、価格帯別に作られているのでその中から金額に見合ったものを選べばよいということで簡単に選択することができます。