香典返しギフトオンライン「仏の花道」

初盆とは

初盆について

初盆(はつぼん)は新盆(しんぼん)・新盆(にいぼん)などなど

盆提灯イメージ

初盆(新盆)は、故人が迎える最初のお盆の事で、「はつぼん」、「しんぼん」、「にいぼん」などいろいろな呼び方があります。初盆を迎える人々にとっては、親近者を亡くしたばかりで追慕の情が未だ覚めず、特別な意味を持った行事となります。
お盆は正式には、盂蘭盆(うらぼん)と言いますが、故人が亡くなってはじめて迎えるお盆(四十九日の忌明けがお盆より前)は初盆と言い、特に手厚く供養いたします。13日は迎え盆(むかえぼん)といい、夕方迎え火を炊いて先祖の霊をお迎えします。13日から15日の間に僧侶を自宅に招き、供養のお経をあげて頂いた後、親族・知人と共に精進料理などを頂きます。 15日の夕方にはご先祖の霊をお送りする 、お送り火を炊きます。 地方により、この日の夕方に精霊流しを行う所もあります。忌明け前にお盆になるときには、翌年が初盆となります。亡くなって四十九日(忌明日)を迎える前にお盆が来たときや四十九日(忌明日)から幾日もたたない場合は初盆は翌年になります。
初盆は、普段のお供物の他に、故人の好物などを供えます。親族や故人に縁のあった方を招き、僧侶に読経してもらい、精進料理でもてなします。盆提灯は一対にして飾ります。

初盆の迎え方

故人が亡くなった後はじめて迎える初盆の供養は丁重に営みます。仏壇の前に精霊棚(しょうりょうだな)を設け、初物の農作物で作ったお供物(きゅうり・なす)を飾り、供養膳に精進料理を盛り、白玉・だんご・果物・故人の好物なども供えます。
また、お盆の間は精霊に自分の家を教えるために、仏壇のそばとか軒先に岐阜堤灯や初盆堤灯を飾るものとされています。お盆の最後の日(一般には7月15日、旧暦では8月15日)に送り火をたき、霊を送り出して初盆の行事は終わります。