香典返しギフトオンライン「仏の花道」

四十九日法要について

四十九日法要

四十九日法要は満中陰法要とも呼ばれ・・・

イメージ菊

仏教では、亡くなった日から7週間(四十九日間)、死者の霊はこの世とあの世をさまよっているとされています。四十九日(満中陰)この日は、亡くなった人の運命が審判で決まる日と言われ、忌日の中でも重要な日です。遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に迎えられます。この日の法要が四十九日法要です。※神式では死後50日目を「50日祭」として祭ります 。
四十九日目までは「忌中(きちゅう)」 といい、四十九日が過ぎると「忌明け(きあけ)」 となります。そして、忌明けの法要は、親戚縁者を招いてお寺さんにお参り戴き、故人の成仏をお祈りします。この日の法要は大がかりとなります。
香典を頂いた方に、挨拶状と共に、香典返しの品を送ります。 仏壇の無かった家は、この日までに新しい仏壇を用意します。 仏壇の扉は、忌明けまでは閉じておくのがしきたりですですが、忌明け後は、朝扉を開き、夕方閉めるのが普通です。