香典返し・法事ギフトオンライン「仏の花道」

法事と回忌・年回忌

法事と回忌・年回忌について

回忌と法事(仏式)

回忌とは、故人が亡くなってから49日目までの間にあり、7日目を初七日。14日目を二七日忌(2×7=14)、21日目を三七日忌(3×7=21)と続き、このように7日間を7回繰返し、最後が七七日忌(7×7=49)となり、この日を四十九日や満中陰と呼びます。四十九日(満中陰)は故人が浄土に往かれ、次の世に生まれ変わることを意味し重要とされ、家族・親戚縁者を集め、お寺さんを呼んで法要を行います。この日は法事として盛大になります。

回忌名 時期 供養
初七日
(ショナノカ)
命日を含め7日目 故人が亡くなってから7日目にあたります。近親者と親しい方々で法要します。飾りはより簡略にします。最近は、火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒におこなわれることが多いようです。
二七日
(フタナノカ)
命日を含め14日目 遺族だけで供養します。
三七日
(ミナノカ)
命日を含め21日目 遺族だけで供養します。
四七日
(ヨナノカ)
命日を含め28日目 遺族だけで供養します。
五七日
(イツナノカ)
命日を含め35日目 遺族だけで供養します。 ※ 四十九日が亡くなった月から3ヶ月目になる場合、三月越しといって嫌い、三十五日で法要を切り上げる慣わしがあります。地方によってはこの日を「忌明け」とする地域もあります。この場合の法事は盛大となり、お寺さんと家族・親戚縁者を呼んで法要を行います。(四十九日と同じ扱いとなる)
六七日
(ムナノカ)
命日を含め42日目 遺族だけで供養します。
七七日
(ナナナノカ)
命日を含め49日目 四十九日(満中陰)は故人が浄土に往かれ、次の世に生まれ変わることを意味し重要とされ、家族・親戚縁者を集め、お寺さんを呼んで法要を行います。一同で焼香・会食し、この日は法事として盛大になります。

年回忌と法事(仏式)

年回忌の法事は、故人が亡くなってから1年目の命日から始まります。この1年目の命日が一周忌です。その後、2年目に三回忌、6年目に七回忌と続きます。(※法事(年回忌)一覧表を参照)。一周忌・三回忌の法事は盛大に執り行いますが、七回忌以降は併修(ヘイシュウ)といって、複数の故人の年回を合わせてつとめても構わず、また家族や親族など故人と深いかかわりがある身内だけで行う場合が多くなっています。32年目の三十三回忌、又は49年目の五〇回忌は弔い上げ(トムライアゲ)とし、とりあえず故人の法事を区切りとして終了する地域も多いようです。この場合は、最後ということで法事は盛大に営まれます。
※ 回忌の数え方は三回忌以降は1年を足した年となるので注意が必要です。 例えば、故人が亡くなって満2年目が1年を足して三回忌となります。

回忌名 時期 供養
一周忌 亡くなってから満 1年目 自宅や菩提寺などで遺族・親族・友人・知人などで供養する。供養の後、精進落としの為、故人を偲んで会食するのが一般的。
三回忌 満 2年目 自宅や菩提寺などで遺族・親族・友人・知人などで供養する。供養の後、精進落としの為、故人を偲んで会食するのが一般的。
七回忌 満 6年目 七回忌以降は少しずつ供養の規模を縮小し、招く人数や範囲を絞ってゆく。十三回忌以降は遺族だけで供養するのが一般的。
十三回忌 満12年目 遺族だけで供養するのが一般的。
十七回忌 満16年目 遺族だけで供養するのが一般的。
二十三回忌 満22年目 遺族だけで供養するのが一般的。
二十七回忌 満26年目 遺族だけで供養するのが一般的。
三十三回忌 満32年目 区切りとなる年忌法事。弔い上げ(トムライアゲ)としてここで終わる地域も多い。その場合の法事は盛大となる。
三十七回忌 満36年目 遺族だけで供養するのが一般的。
五十回忌 満49年目 区切りとなる年忌法事。弔い上げとしてここで終わる地域も多い。その場合の法事は盛大となる。
百回忌 満99年目 区切りとなる年忌法事。弔い上げとしてここで終わる地域も多い。その場合の法事は盛大となる。

年回忌と法事(神式)

回忌名 時期 供養
一年祭 亡くなってから満 1年目 神官を招いて盛大に行う。正式にはこの日をもって忌明けとする。
二年祭 満 2年目 遺族で拝礼し、故人の好物などを供える。
三年祭 満 3年目 神官を招いて盛大に行う。
五年祭 満 5年目 神官を招いて盛大に行う。
十年祭 満10年目 神官を招いて盛大に行う。
二十年祭 満20年目
三十年祭 満30年目
四十年祭 満40年目
五十年祭 満50年目 神官を招いて盛大に行う。