香典返しギフトオンライン「仏の花道」

葬儀・法要ついて

葬儀・法要ついて

葬儀・法要の流れ

何かと分からない事が多い「仏事」ですが、故人が亡くなった日から七日ごとに法要を営みます。最近は二七日・三七日は自宅で法要を済ませる場合が多く、忌明け法要(四十九日・満中陰)になりましたら、親戚・知人を招いて執り行います

葬儀・法要名 供養
通夜 故人と親しい方が葬儀の前夜に集まり、別れを惜しんで過ごすためのものです。最後のお別れをするために集まってくださった労をねぎらうために、弔問の方すべてに香典の額に関係なく同一のものを通夜の場又は葬儀の場でお返しするのが「即日返し」です。
葬儀・告別式 最近は葬儀と告別式をまとめて行う場合が多くなっています。葬儀当日(又は通夜当日)に香典の額に関係なく同一のものをお返しするのが「即日返し」です。
※ 即日返しをした場合でも、香典を頂いた方には四十九日の忌明け後に香典返しをしますが、即日返しに予算を集中して忌明けの香典返しは省く場合もあります。
初七日
ショナノカ
死後7日目にあたります。近親者と親しい方々で法要します。飾りはより簡略にします。葬儀当日の遺骨回向法要の際に併せて済ませる付七日が多くなっています。
(ご香典返しの準備) 初七日が終わると、ひと段落です。四十九日までに、「挨拶状」「香典返し」を送る準備を進めます。
● ご返礼の準備
お香典帳の整理
ご返礼先様名簿の作成
ご挨拶状の印刷
香典返しの品選び
年賀欠礼葉書
  (5万以上ご購入の場合無料にて印刷)
二七日
フタナノカ
死後14日目にあたります。自宅で法要を済ませる場合が多いです。
三七日
ミナノカ
死後21日目にあたります。自宅で法要を済ませる場合が多いです。
四十九日
シジュウクニチ
死後四十九日目にあたります。最近の傾向としては、忌明け直前の日曜日に行う場合が多くなっています。親戚・知人を招いて執り行います。喪が明ける日に法要(四十九日法要又は満中陰法要)を行います。一般的には四十九日と呼ばれますが、地方・宗派などによって呼称が違います。関西の方では満中陰という呼び方が定着しています。仏式では、四十九日・満中陰を過ぎると死者の霊がその家から離れるといい、この日を忌明けとしています。大抵のお宅ではこの日の法要は大がかりに行います。またお骨も、この日までが家に置いて祀る限界とされ、お墓の用意がこれまでに出来なければ、お寺や共同墓地の納骨堂にお墓ができるまで祀ってもらいます。
●忌明けの宴(精進落とし)
四十九日・満中陰法要が済んだ後は、列席していただいた方々を、お料理やお酒でもてなし、帰りに引出物を渡すのが、一般的になっています。
●忌明けの挨拶と香典返しの発送
挨拶状を添えて香典返しを発送するのもこの時期です。
この後の
法要
四十九日・満中陰が過ぎると、後は百日目になる頃まで特に法要といったものはしません。月命日と呼んで毎月亡くなった日などには、近親者が仏前にお供物をしたり、花をあげたりする程度です。
年忌・法事 菩提寺の場合は大抵お寺から通知が来ます。これを受け取ったら、故人と親しかった人達に何回忌の法事を、何処のお寺で何日に何時から行うといった通知を出します。